法案 年金 制度 改革

具体的には、短時間労働者を被用者保険の適用対象とすべき事業所の企業規模要件(現行、従業員数500人超)を段階的に引き下げ、令和4年10月に100人超規模、令和6年10月に50人超規模とします。

3
法案 年金 制度 改革

賃金要件(月額8. そのため短時間勤務の労働者にも厚生年金に加入できるようにして個人レベルでの給付水準を引き上げるようにしています。

14
法案 年金 制度 改革

しかし財政的な側面から、今回の法律に入れることができなかったということではないでしょうか。

19
法案 年金 制度 改革

8万円)になるのでしょうか? A. 配偶者の扶養に入っている方(国民年金第3号被保険者、健康保険被扶養者)は、適用拡大の対象となっていなければ、年収130万円を超えた場合に扶養を外れます。

8
法案 年金 制度 改革

今回の年金制度改革関連法では、そうした課題に対する見直しがいくつも行われたのは確かですが、同時に残された課題も浮き上がってきました。 年金積立金は、リスク資産で運用されています。

6
法案 年金 制度 改革

。 さらに、医療保険(健康保険)の給付も充実し、ケガや出産によって仕事を休まなければならない場合に賃金の3分の2程度の給付を受け取ることができます(傷病手当金、出産手当金)。

6
法案 年金 制度 改革

年金額見直しのルールとは? 出典・厚生労働省 これを、下げられなかった分を累積してとっておき、年金額が大きく伸びる好景気の局面においては以前の未調整分の残りを持ってきて消化しようというのです。 本法案で手が加えられるのは、まさにその『例外』の部分です。 とは言え、年金を収めるひとの賃金が増えない状態で、支給額だけ増やしてしまうと、年金財政は破たんしてしまいます。

12
法案 年金 制度 改革

今回の改正に向けた議論の過程では、「雇用されている人は原則、すべての人が厚生年金に加入できるようにすべき」だとして、企業規模の要件そのものを撤廃すべきだという意見も多く出されました。 このため、要件を緩和するスケジュールを遅らせるよう求める意見も出ましたが、労働者の年金を確保する必要があるとして、当初の案のままとなりました。 しかし、65歳以上ではこの基準額が「47万円(令和元年度)」と65歳未満の人と比べてゆるくなっています。

14
法案 年金 制度 改革

また、今回の見直しは抜本的な見直しというよりも、趣旨を反映させるために細かな見直しが多いような印象を受けます。

16