22 変身

おれが起きず、支配人を部屋へ入れないからか。

1
22 変身

そこで食事に取りかかると、グレゴールのたくさんの小さな脚はがさがさいった。 それに、いったいなぜ泣くのだろう。

15
22 変身

半もすぎて、もう四十五分に近づいている。 「お母さん、お母さん」と、グレゴールは低い声で言い、母親のほうを見上げた。 季節の雰囲気に合わせた期間限定の特別プランやハロウィン・クリスマス等のイベントにちなんだ写真撮影も実施しております。

10
22 変身

あの部屋にかけてあります。

16
22 変身

それにまた、それまでには店からおれのことをききにだれかがやってくるだろう。 私はすぐ自分で店へいきます。

13
22 変身

ある朝、グレゴール・ザムザが気がかりな夢から目ざめたとき、自分がベッドの上で一匹の巨大な毒虫に変ってしまっているのに気づいた。 というのは、十分に休んだし、眠りたりた感じであった。

3
22 変身

しかし、そんなことは今のところは不必要な心配というものだ。 というのは、そこには甘いミルクを容れた 鉢 ( はち )があり、ミルクのなかには白パンの小さな一切れが浮かんでいた。