疾患 てんかん 精神

てんかん発作を繰り返すと脳にダメージを及ぼすことがあるので、可能な限り早期からてんかん発作を抑える治療を開始することが重要• 治療経過に対する理解の問題:指導者がてんかん治療の経過について全く理解していない場合には、薬物治療の影響を指導効果と見誤って判断してしまい、子どもの成長を過大ないし過少評価してしまうことがあります。 ダウン症とは体の細胞の21番の染色体が1本多く存在することを言います。

10
疾患 てんかん 精神

その併存率は、 うつ病で11~40%、不安障害で15~20%という報告もあります。 群発頭痛について• 薬物治療で発作がコントロール出来ている場合、家の近くの神経内科、精神科、小児科、脳神経外科あるいは内科のクリニックで薬の処方を継続することが出来ます。 子供のてんかんには合併症がある? 「特発性てんかん」では部分てんかん、全般てんかんのいずれにせよ、 小児のてんかんの合併症として、運動の障害(手足のマヒなど)や知的障害は一般的に認められません。

14
疾患 てんかん 精神

自動車事故で、てんかん発作を起こした人を祭り上げるように報道したり、会社ではてんかんというと雇われないので隠して就労している人も多くいます。

疾患 てんかん 精神

これが、脳細胞の興奮の原因です。

疾患 てんかん 精神

てんかんそのものが命に関わることは非常にまれ• 病名としては、「ウエスト症候群(点頭てんかん、乳児スパスムとも呼ばれます)」、「レノックス・ガストー症候群」、「ミオクロニー失立発作てんかん」、「ミオクロニー欠神てんかん」、「早期ミオクロニー脳症(EME)」、「サプレッションバーストを伴う早期乳児てんかん脳症」などで、 重度の脳障害(脳症)が主体になっている難治性てんかんです。

2
疾患 てんかん 精神

偏頭痛について• 抵てんかん薬のおかげで、外であまり倒れる人が少なくなった…というのもあるのでしょうが、やはり差別はあると感じます。 一定の間隔で神経を刺激することにより発作を緩和させる• このようにてんかんは、原因がわかるものとわからないものがありますが、 前者が全体の約4割、後者が残りの約6割を占めるとされます。

7
疾患 てんかん 精神

アルツハイマーの原因について• くも膜下出血について• (2)療育指導(療育相談)でみられる問題点について ここでは、入院または外来で薬物治療と並行して実施している療育指導場面や療育相談場面でみられた問題点を以下に説明します。

1
疾患 てんかん 精神

ここでは代表的なものを数種類ピックアップして説明していきます。 脳梗塞の原因について• 社会的に生きにくいてんかん 就職の時に会社に 「自分はてんかんです」というと、その場では 問題ないですよ!と答えられ、好感触な面接でした。

17
疾患 てんかん 精神

一方、抗てんかん薬では発作を抑えることができず、「難治性てんかん」として複数の抗てんかん薬の調整や外科治療などの専門的なてんかん治療を必要とする場合もあります。 パーキンソン病のリハビリテーションについて• また、両親は子どものてんかん発作に遭遇する機会が最も多いため、過保護になる傾向があります。 海馬は記憶の出し入れに関係した脳の領域です。

10