語源 口説く

こちらでは、ちょっとした土佐弁の基本について集めてみました。

18
語源 口説く

アメリカのゴールドラッシュ そしてこれが前述のように19世紀にアメリカに 輸出されるわけですが、当時のアメリカに このデニムの丈夫さがぴったりマッチしたのです。 繰り返し何度も同じ話をすることから「口説く」となったそうですが、言葉ができた当初はしつこく祈願することに対して使われていたのだとか。

16
語源 口説く

1 の『大言海』(大槻文彦著の国語辞典。 あまり良い使われ方はしないのですが「殴る」というものです。 使用頻度が高そうな方言ですが、年配の方が使うくらいで若い世代には浸透していないという噂もあります。

語源 口説く

「こんなところでほたえまわるな」(こんなところで騒ぐな) 定番の土佐弁6:~ぜよ 土佐弁の代名詞と言っても過言ではないのが「~ぜよ」です。

20
語源 口説く

土佐弁のアクセント すべての人が同じとは言えませんが、語尾のアクセントが平坦になるといわれています。 以下で正しい意味や語源について確認し、改めて「口説く」という言葉の意味を見ていきます。 S音が抜けているため母音の「い」だけが強調されてしまいます。

18
語源 口説く

とはいえ、こんな回りくどい由来の 呼び方がここまで浸透するのか?と 思うと疑問です。 ただ、こちらも年配の方がよく使うイメージがあります。 意味や解説、類語。

8
語源 口説く

【土佐弁】どだい 【標準語】真に• 「こりゃめった」(こりゃまいった) 定番の土佐弁10:おっこうな 「おっこうな」という言葉がありますが「おおげさな」という意味です。

17