ワゴン アトレー

当初タントも購入対象として検討しましたが、アトレーワゴンには「犬用テント」のオプションがあったため、アトレーワゴンに決定しました。 リアドアウィンドウは小型車を含めた1BOXで初の下降式を採用、窓の上下幅を広げており室内の開放感は高かったが、スタイル重視が仇となり、室内は先代より狭くなっている。

ワゴン アトレー

07 全長:3395mm 全幅:1475mm 全高:1875mm ABA-S331G-ZQXZ 2019. なお、マイナーチェンジに伴ってグレード体系が整理され、「カスタムターボRS"SA III"」と「カスタムターボRS"リミテッド SA III"」の2種類となり、以前は全グレードで搭載されていたタコメーターは「カスタムターボRS"リミテッド SA III"」のみに縮小された。 ネットでもおおよその相場が分かります。 当サイトの利用、または利用できなかったことにより万一損害が生じても、弊社は一切責任を負いません。

1
ワゴン アトレー

4年前に買ったTURBO R、 オプションは、マット(荷物室のマットも含む)、バイザ-、ナンバ-フレ-ム。

ワゴン アトレー

フロントフェイスはワイド感が強調され、他メーカーの軽ワゴンと思い切り差をつけています。

14
ワゴン アトレー

ワンボックスタイプの軽乗用車、ダイハツアトレーワゴン(ATRAI WAGON)。 グレード 駆動方式 トランスミッション 燃費 G ・ Honda SENSING 2WD CVT 23. 5kgmを発生し、平成17年度排出ガス規制に対応する。 ワゴンR~アトレーに乗り換えて、荷物がかなり積める。

ワゴン アトレー

ボディカラーの入れ替えを行い、「プラムブラウンクリスタルマイカ(オプションカラー) 」と「ブルーマイカメタリック」を廃止する替わりに、新色として「トニコオレンジメタリック」、「アーバンナイトブルークリスタルメタリック(オプションカラー)」、「タングステングレーメタリック」の3色を追加し、7色展開とした。

10
ワゴン アトレー

ダイハツ軽自動車のセミオーバーキャブワゴンがアトレーワゴン。 燃費性能: 14. 660 フレンドシップ スローパー SAIII リヤシートレス仕様 折り畳み補助シート付• しかし自発光式メーターはなかなかに高級感を演出し、満足しています。 外装は軽バン中では一番かっこ良かったので選びました。

3
ワゴン アトレー

カスタム系は、初代アトレーの初期モデル以来、17年ぶりの採用となったロールーフに、ルーフレールを組み合わせた。 エンジンは排ガス規制に対応したものとなりカタログ上のスペックは若干向上している。 前述のように室内へのエンジン透過音も低く、ノードノイズも気になるほどではないので、疲労を感じない運転が可能です。

ワゴン アトレー

今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

19