うどん 作り方 手打ち

生地がなめらかになったら、まるめてビニール袋に入れて1時間ほど寝かせる (気温によって寝かし時間は異なります)• 茹でる時は差し水はせず、火加減で調整してください。

8
うどん 作り方 手打ち

延ばし始める前に、麺棒で生地のある部分を押さえると、そこが出っ張ってきます。 地方地方で作り方は多少異なりますが基本的には小麦粉と塩と水で作ります。

5
うどん 作り方 手打ち

時間的に寝かし時間をあまりとれないときは塩分濃度を低くします。 フェットチーネ(写真の手前:太い方)のカッターを使ってカットします。

19
うどん 作り方 手打ち

ただし、釜玉うどんの場合は、茹で上がった麺を直接 器に入れて、卵を割って入れ、搔き回します。

17
うどん 作り方 手打ち

くっついた部分があったら、手でつまんでほぐしてやります【写真5】。 少量から作ればキッチンが粉だらけにならず、足で踏む必要もなし。

うどん 作り方 手打ち

用意するもの• ボールがすべりやすいので、底にぬれぶきんを敷きます。

うどん 作り方 手打ち

10
うどん 作り方 手打ち

1人分ずつ分ける• (水を足さないこと) ・8〜10分程度で茹で上がる。

うどん 作り方 手打ち

麺棒 直径15ミリ程度が使いやすいです。 そのハードルはありますが、 この美味しさを味わってみると、 道具を揃えるのも苦になりませんでした。 5kg それでは作っていきましょう。