類語 お門違い

直訳すると「間違った木に吠える」いう意味。 道理に外れていること• ネイティブ以外の人に使用する場合は伝わらないこともあるので注意が必要です。

12
類語 お門違い

その分野・事柄を専門としていて、精通している人を意味します。 そのため、「部外者」というだけでは「知識のある・なし」までは伝わりません。 この場合は「憚られる」を少し変えて「憚りながら」などとすると良いでしょう。

類語 お門違い

お門違いの意味 お門違いは「いやそれ、俺に文句言うなよ!」であると説明しましたが、もう少し詳しく解説していきましょう。 例えば、「本屋へ、森林伐採に対するお門違いなクレームが入った」という例文。 「お門違いも甚だしい」や「お門違いな発言」などの使い方をし、相手から非難の言葉や態度をとられた状況で使用できます。

類語 お門違い

「間違った発言」を意味しており、「発言するべきではないシーン」や「言うべき相手を間違えているシーン」で使用できます。

14
類語 お門違い

この「outsider」には、「門外漢」の他「部外者」「第三者」という和訳が宛てられることもあります。

19
類語 お門違い

すじ違い• 同様の意味を持つ「玄人(くろうと)」も、「門外漢」とは反対の意味の表現です。

類語 お門違い

お門違いというものだ• 「畑違い」は、単に「専門分野が違う」というだけでなく、「(その分野とは)異なる分野を専門としている・ほかに得意なことがある」という意味も含む点が特徴です。 「スペシャリスト」「エキスパート」といったカタカナ語も対義表現と言えるでしょう。 ・「お忙しいところに、お願いばかりで憚られるのですが…」 ・「私のような若輩者が、こんなことを申し上げるのは憚られますが…」 ・「こちらの都合ばかりではございますが、憚りながらお願い申し上げます」 ・「本日部長の田中が急な出張となりましたので、憚りながら私からご説明いたします」 ・「なんという無礼な振る舞いだ、少しは憚りなさい!」 ・「そんな失礼なことを先方に言ったとは、憚るということを知らないのか!」 「憚られる」を使うときの注意点 「憚られる」に合った状況で使う 「憚られる」という言葉は、遠慮の気持ちや謙虚な姿勢を出すことができるので、使い慣れるとつい多用してしまいそうになります。

2
類語 お門違い

いかかでしたか。 「恨みたいのはAさんなのに、恨まれるようなことをしたBさんが逆に恨む」というのが「逆恨み」です。

13