はぎ 看護 師 爪

手足の不自由な患者や、障害をもっている患者は、自分で足をマッサージしたり、足の爪を切ったりする事が できないため、それを代わりにしてあげるのが、フットケアだそうです。

15
はぎ 看護 師 爪

「出所して実家に戻ってきてからは、夜になるとお化粧をして、きちんとした身なりで出かけていく姿をときどき見かけました」 しばらくは別の職に就いていたようだが、彼女は再び看護助手の職に戻ってきた。 爪白癬により肥厚している場合、通常の肥厚している爪よりかなりもろくなっています。 後輩や部下の見本となるようなケアをしなければいけないと思い、医師からフットケアの指示はありませんでしたが、フットケアを看護の一環として自ら始めた行為だったのです。

11
はぎ 看護 師 爪

実際にこのニュースを見た日本赤十字大学の川嶋みどり看護学部長は、患者さんの足の爪の写真を観て、下から小さな爪が生えてきていることを確認しており、適切なフットケアが行われていたことが直感的にわかったと発表しています。

12
はぎ 看護 師 爪

今回の番組、そして私もブログを通じて、本当の事を少しでもたくさんの人に知ってもらえたらと思いました。

はぎ 看護 師 爪

この事件は実は見る人が見れば、虐待なんかではなく、フットケアだったということは明らかだったそうです。 このため、当初はケアだったと語っていた上田さんですが、「人として、その行為はどうだったか」と日々警察の取り調べのプレッシャーを受ける内に、徐々に気持ちが折れていきました。 上田さんは多少の痛みや出血があっても構わないという考えで、深く爪を切ったこと、• これはもう、普通の爪切りでは切れないですし、下図のような「ニッパー」と呼ばれる爪切りで処置します。

はぎ 看護 師 爪

実際に2004年に京都で看護師が爪剥ぎ事件を起こしていたので、北九州八幡東病院の看護師が虐待を疑い上司に報告したのは義務感からだったのでなないかと思っています。 高齢者の場合、爪が硬かったり肥厚していたりするケースがとても多いです。

6