世界 一周 マゼラン

香辛料を求めていざ冒険へ 30代半ばとなったマゼランは、ひょんなことからポルトガル王と揉めて気まずくなったので、ポルトガルの宮廷を去ってしまう。

世界 一周 マゼラン

フェルディナンド・マゼランは、ポルトガル下級貴族の出身で航海者です。 ポルトガルの追撃を避けるためだったとか、風を読んだとも、ポルトガルの領域を避けるためであったとも言われるが、マゼランはスペイン人たちに黙って従うように要求し航路についての説明をしていない。

世界 一周 マゼラン

失ったものは大きかったのはもちろんですが、持ち帰ったスパイスが生みだした利益は、航海で使用した金額よりもはるかに上回っていました。 コロンブスによってアメリカ大陸が発見され、南アメリカはスペインが侵略の開始していましたが、本当のインドに至る航路はまだ見つかっていなかったのです。 ドイツの大商人であるはその代理人としてクリストバル・アロをリスボンにおいていた。

2
世界 一周 マゼラン

次に香料諸島に通じる海峡を求めて南下したマゼランたちが出合ったのは、パタゴニアのサン・フリワン湾でした。 ・・・ではなくて、彼の部下たち。

世界 一周 マゼラン

セブ島民を改宗させたことで気をよくしたマゼランは強硬になり布教に当たって武力をちらつかせるようになっている。 マゼランたちは艦隊を見つけたこの地方の住民がたがいに合図の烽火を上げているのだろうと推測している。

世界 一周 マゼラン

したがって、キャラバンの損失を防ぐために、オスマン帝国の税金だけでなく、海路も必要でした。 生還者がプエルト・サン・フリアンへ帰還。 この敗戦のなかでマゼランは水際で戦い危うい状況であった従兄弟セラーンをボートで救う活躍をしている。

4
世界 一周 マゼラン

「航海はマゼランからエルカーノへ引き継がれた。

4
世界 一周 マゼラン

その後の彼の行方は誰も知らない。 「世界史用語集 山川出版」 マゼラン(ウィキペディアから) 彼は「世界一周に成功した人」ではなくて、「(部下に)世界周航を成功させた人」という扱いになっている。 マゼラン隊は奇跡的な操船で、わずか 7 日で通過し、穏やかな大海に抜け出る。

9
世界 一周 マゼラン

体を洗う設備もなく、海水を汲み上げて体や衣服を洗っていたが、着替えが沢山あるわけでもなく、石鹸も無い環境ではに悩まされ、悪臭が常にまとわり付いていたと思われている。 マゼランはここで死んでしまいます。 しかし大昔の人はどうでしょうか?この話に関してマゼラン艦隊の逸話があります。

12