語 くれる 尊敬

謙譲語では「差し上げる」「献上する」となる 「与える・あげる」を謙譲語にすると「差し上げる」「献上する」「進呈する」となります。 決して失礼な言い回しではありませんが、依頼文よりも強意的です。

13
語 くれる 尊敬

「ご査収ください」は基本的な意味は「お受け取りください」と変わりません。 「人が自分に物を与える」となっていますが「自分が相手に物を与える」意味もあります。

18
語 くれる 尊敬

基本的に相手の動作を丁寧に扱う場合には尊敬語、自分が相手にしてもらった動作を丁寧に言う時には謙譲語を使います。 でも、始めて日本語の「敬語」を勉強する留学生の方たちは、 従来から分けられている3つの分類を覚えれば とりあえず充分であると思います。

語 くれる 尊敬

もらう・受け取る、を使う場面は日常的にあります。

10
語 くれる 尊敬

尊敬語 先生がお手紙をくださいました。

語 くれる 尊敬

この場合の「くださる」は動詞にくっ付いて補助動詞の役割を果たします。 謙譲語として使う「頂戴」 「もらう」を熟語の謙譲語で表現する場合には、「頂戴」を使用します。 メールでの使い方はどうなる? 主に会話における敬語表現について解説してきましたが、メールのような文章表現になる場合はどのような言い方に変わるのでしょうか。

語 くれる 尊敬

資料を送って頂き、ありがとうございます。 「くださる」は相手の気持ちを受けるので「えっ、お待ちくださるのですか!?」「私みたいな者を好きだといってくださるのですね・・」という感情的な表現ができるということです。 何度も使う言葉だからこそ気を付けた使い方を しかし、何度も使う言葉をいつも間違っている、そうなってしまうと相手に対してとても失礼になりますし、場合によっては相手を怒らせるような結果になってしまう危険性もあるのです。

11