オーリンズ z900rs

外観もクラシカルで、乗り味も昔のバイクのような味付けがなされていると、東京モーターショーで開発者に聞いた。

5
オーリンズ z900rs

サスの伸び縮みが柔らかくなる事で地面との追従性が増しますので、雨天のカーブなのでもグリップ力が上がり、スリップしにくくなるという事なんでしょうね。 正直、乗りやすさで言ったら CB1100EXでしたね。

オーリンズ z900rs

徹底的にプリです。

14
オーリンズ z900rs

ライダー目線で左側に圧側、右側が伸側の減衰力発生機能になります。 そうして走りこんでダンパは触らずプリロードだけをいろいろ試してうん、これだ!と思った時にはアタリも出ているでしょう。 セル付• 始動した瞬間から乗り手を昂ぶらせるエキゾーストサウンド、滑らかに加速するエンジン特性、自然なハンドリングなど、すべてが感性とリンクするライディングフィールを提供します。

16
オーリンズ z900rs

体感的に純正のサスに比べて 「コツンコツン」から「にゅるんにゅるん」と段差を吸収してくれる感覚はありましたね。 プリロードや車高、大口径シングルチューブショックに油圧式リモートプリロード調整をビルトイン。 こうした部分もセッティングのことを考えればありがたいものだ。

10
オーリンズ z900rs

メーカー認定• TVT PROカートリッジキットのダンピングシャフト部分で、TVT PROではカートリッジを外さずにリバルブができ、またセッティングを保持したままスプリングの交換ができるレース対応機能も持つ。 サスを沈めたまま振り回せますからクイックになります。 乗り心地を求めたいのでしょうか? スパッスパッと思うままに曲がる運動性を求めたいのでしょうか? オーリンスに限らず、リプレイスサスはあたりが出るまでかなり渋いです。

4
オーリンズ z900rs

愛車Z900RSを長く大切に乗り続けたいと考えているオーナーにこそ試してほしいアイテムだ。 乗りやすいor乗りにくいは人それぞれですが、慣れてくるとカワサキならではの所有感を味わえるんではないでしょうか。 Z1からインスピレーションを受けたティアドロップフューエルタンクやテールカウルをはじめ、ホイール、ボルト類に至るまでこだわりが随所に盛り込まれています。

12